名古屋市にある熱田区について、詳しく丁寧に解説するサイト『名古屋熱田区探索』
名古屋市にある熱田区について、詳しく丁寧に解説するサイト『名古屋熱田区探索』

熱田区と言えば、年間800万人もの人が参拝に訪れる熱田神宮が有名です。
そして神話の森としても知られる熱田神宮をはじめとし、この地域には歴史を感じるものが
多くあります。
熱田神宮周辺では貝塚、旧東海道では七里の渡し跡、また最近では白鳥公園にデザイン博の
形跡が残っています。
名古屋市の熱田区がどうやって誕生しどのような発展を遂げてきたのか、過去の隆盛に思い
を馳せながら散歩してみるのも面白いでしょう。
このサイトでは熱田区の歴史や熱田神宮などについて説明していますので、この地域に住ん
でいらっしゃる方や歴史に興味のある方は、ぜひお読みください。

名古屋でスキンケア
名古屋中央クリニック美容皮膚科の診療メニュー
ビタミン注射、ヒアルロン酸注入、水光注射、ケミカルピーリング、ボトックス、サーマクール
名古屋市中村区椿町18-22 ロ−タスビル2F
http://skincare-nagoya.com/

人口最小の区

熱田区は名古屋市の中心部から南に位置する、市内で最も人口の少ない区です。

神話の森

熱田神宮が神話の森と呼ばれるのは、熱田神宮では三種の神器のひとつである「草薙の神剣」を祀ったことに始まります。

鍛冶の街

新尾頭の交差点を越えて東に行くと左手に金山神社があります。金山神社は金山彦命を主神とした、鍛冶鋳造の祖神を祀った神社です。

宝勝院

蓬莱陣屋のすぐ南側には、熱田湊常夜燈を1654年頃から1891年まで管理していた宝勝院があります。

熱田区の始まり

1908年に最初の区制が実施されると旧南区の区域になり、その後1937年に10区制となった際に熱田区として分離しました。

草薙の剣

伊吹山の神に負けた日本武尊は負傷し、伊勢の国で命を落とすことになります。それを知った宮簀媛命は悲しみの中、草薙の剣をここ熱田に祀ったのです。